スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

パニック障害克服 自己催眠療法でパニック障害(不安障害)を克服


パニック障害を克服し、安らかな生活を。

※病院でなかなか治らなかったパニック障害、不安障害が短期間で解消された例も多数。パニックや不安を、頭で考えて解消しようとしても無駄ユング心理学入門 (培風館)
心理学者 C.G.ユング氏は、「意識」と「無意識」を氷山に例えて説明し、「意識」は海上に見えるわずかな部分にすぎず、海面下には「無意識」という巨大な領域が潜んでいる。

そして、この無意識こそが人の考えや行動などに大きな影響を与えているという。

あなたは頭(意識)で考えてパニックや不安を解消しようとしていませんか?
例えば、
・大丈夫、大丈夫と自分に言い聞かせたり、
・落ち着こう、落ち着こうと思ったり、
・気持ちをコントロールしようとしたり・・・
これらを意識して、パニックや不安はなくなりましたか?

いえ、なくなりません。
なぜ、なくならないのか?

不安は意識よりもっと奥深くの無意識から発生して来るから、

そして、パニックというものは、無意識の条件反射のようなもので、
条件がそろえば、反射的にパニックになるようになってしまっているからです。

つまり、頭ではなく、もっと深い部分、滞在意識(=無意識)を改善しないと、解決できないのです。
これをわかっていなくて、意識的に解決しようとするから、いつまで経ってもパニック障害(不安障害)は改善されないのです。

悪循環がさらにパニック障害を深刻にする
図のような悪循環を体験していませんか?
パニックになるのが辛い(怖い)
↓パニックになったらどうしよう
↓不安がつのって

パニックになってしまう

パニックになった自分を何度も思い返して胸が苦しくなる。

さらにパニックになるのが怖くなる

・・・

このような不安増大・パニック・反省(回想)の体験を繰り返していくと、滞在意識にストレスがたまっていきます。

そして、滞在意識にストレスが溜まると、条件反射的にパニック発作が出やすくなるのです。

『場数を踏めば、パニック障害は克服できる』 はウソ。
「パニックになる場を何度も経験すれば、パニック障害は克服できる」 と言うのは間違いです。
このように言う人は、人間が本来持つ「不安」と「パニック障害」を混同している可能性があります。
単なる不安は、誰もが持つもので、経験を積めば軽減します。
しかし、パニック障害の場合は、パニック(強い不安)を経験するほど、滞在意識にストレスが溜まっていきます。
つまり、軽減するどころか、ひどくなる可能性があるのです。

気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
パニック障害克服 自己催眠療法でパニック障害(不安障害)を克服




スポンサーサイト

2009/01/08(木) 精神 トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://copper0812.blog97.fc2.com/tb.php/99-7d0e6a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。