スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) スポンサー広告

【初回価格】政府も恐れる“空売り”をベースにしたシステムトレード戦略『逆転!桶狭間トレード』


私のシステムトレード戦略に従って市場の全銘柄を対象に売買をするとどうなるのか、ご確認ください。

当初資金20万円で2000年から運用を開始し、2008年10月には40億円となっています。

つまり、少ない投資資金で、かつ、上げ相場でも下げ市場でも、
プラスの収益を生み出しているシステムトレード戦略といえます。もし、あなたに少しでも疑いの心があるのなら、私のブログを見てみてください。

⇒ 売買結果の詳細を見る
私のシステムトレード戦略が“本物”であることがわかっていただけたかと思います。

もしかしたらあなたは、私のシステムトレード戦略は難しいのでは、
と考えてしまっているかもしれませんね。

大丈夫です。

私のシステムトレード戦略は、簡単に実践することができます。

このシステムトレード戦略で、あなたがすることは、
ヤフーファイナンスからある指標をチェックする
「売り条件」に該当している銘柄を抽出する
翌日の相場が始まるまでに始値で「売り注文」を出しておく
「手仕舞い条件」に該当した場合、翌日の始値で決済をするたったこれだけです。

この一連の作業を繰り返して、資産を増やしていくシンプルなシステムトレード戦略になります。

巷にあふれる、ロジックが複雑すぎて一般の人には実践できない類のものではないので、
ご安心ください。

ソフトも必要ありません。
事実、私も、多くの検証を繰り返すことで、
空売りをベースにしたシステムトレード戦略を構築することに成功し、
大恐慌時代のような2008年の相場でも利益を出し続けるロジックを手にすることができました。




※『空売り』とは…
証券会社から株を借りて売却し、その株が値下がりした時点で買い戻す事で、利益を得る投資方法

※『システムトレード』とは…
裁量を排除し、一定のロジック(売買ルール)に従って売買を行う方法先に新聞記事を掲載した通り、「空売り」の規制はこれからどんどん強まっていくでしょう。

先にも示した通り、私の構築したロジックは、上げ相場だろうが下げ相場だろうが、利益を積み上げ続けることができます。

さらに、「空売り」をベースとしているため、
今の下げ相場の方が、圧倒的に大きな利益を生み出しやすいです。

このシステムトレード戦略の名前にもなっている桶狭間の戦いでも、織田信長が奇襲に成功した要因として、今川軍の情報をあらかじめよく収集してしたという見解が非常に多いです。
(スパイを送り込んでいたという説もある程です)

つまり、

チャンスを掴み取ることができるのは、それに対して準備をしていた人のみである

ということが言えます。

気になる続きはコチラ↓↓↓↓↓↓↓↓
【初回価格】政府も恐れる“空売り”をベースにしたシステムトレード戦略『逆転!桶狭間トレード』



スポンサーサイト

2009/02/25(水) 投資 トラバ(0)


トラックバック
【トラバURL】http://copper0812.blog97.fc2.com/tb.php/104-d2d8925c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
Page Top↑
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。